外壁・屋根塗装の必要性

外壁・屋根塗装には「外観をキレイにする」という他に、「建物を塗料の樹脂(油脂分)で防水し、雨などによる浸水を防ぐ」という大切な役割があります。
塗料は時間が経つにつれ紫外線・熱・水・外気などの要因より、塗膜効果のある樹脂が失われ防水効果は徐々に薄れてきます。
防水効果の薄れた外壁や屋根はそのまま放っておくと湿気や雨などの水分を吸水しやすくなり、結果的に内部の骨組みにまで影響を与えてしまう可能性も出てきます。
断熱材が湿気を帯びるとカビの原因になり、木材などは腐食の原因につながります。また、木材が湿気を帯びると、白蟻などの二次被害の原因にもつながってきます。
こういった内部の補修工事は塗替え以上の大きな負担になるため二次被害を防ぐためにも、経年劣化した建物は塗り替えで保護する事が必要となるのです。

要因

こんな症状が出始めたら、塗り替え時期といえます!

塗り替え時期は立地や気候、日照条件等、お住まいの環境によって変わります。
目安は、住まいの出すサインで知ることができます。まずは、ご自分でチェックしてみてください。

塗料の機能特性

耐候性 外壁の劣化・汚れを促進する風雨や紫外線などの自然条件から壁を保護する機能です。
防藻・防カビ 藻やカビの発生を防ぎ汚れやホコリが付着しにくく外壁をきれいに保ちます。
透湿性 湿気は建築部材の大敵。外から雨水を通さず内部から湿気を放出する機能です。
弾性 弾性塗膜には、下地のひび割れを表面でくい止める柔軟性があります。

COPYRIGHT © MATSUMOTO TOSOU Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ